東京都八王子市の小学生男子バスケチームです


by max-boys

<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

八王子ボーイズカップ

10月14日(月)   八王子高校

【第1試合】
vs 国立一  ●(12-47)

【第2試合】
vs 文京グーニーズ  ◯(39-37)


待ちに待ったボーイズカップ。
勝ち上がるためにはなんとしても緒戦をものにしなければなりません。
気持ちを高めて臨んでほしい試合でした。

隣で見ていた他チームのコーチが
「MAXがんばってるよ」
と言ってくれましたが・・・。

国立一さんはさすがに実力派チーム。
カットされたパスがすべて相手の得点につながるなど、
オフェンスもディフェンスもミスが命取りになりました。
同じ失敗を繰り返さない努力をしてもらいたいものです。

2戦目は初めて対戦するグーニーズさん。
接戦の末、ぶんごのドライブシュートで最後の最後に逆転できました。

そして、試合を通して一番走り
一番勢いのあるプレーを見せてくれたらいや
「優秀選手賞」
をいただきました。
1試合目に負けて泣いてたのもらいやでした。
その気持ちが2試合目の活躍につながったんだと思います。
技術だけでなく、心が成長している証です。

そう言えば試合前、らいや
「今日も野生の勘で頼むね」
と言うと、
「僕ちゃんと人間から生まれました」
と…。
君のスチールに期待して言ったんだが…。


e0207449_14502368.jpg

[PR]
by max-boys | 2013-10-22 14:47 | 戦☆績

練習試合

10月6日(日)  西秋留小

【第1試合】
vs あきる野ブルズ  ●(71-44)
スコアラー「仲間が1人いないだけで、バタバタボロボロ。
たしかにゆうたろうがいないと高さがないけど、
それならどうすればいいのか考えてプレーができるようになるといいなぁ〜。
ベンチでもコートでも口が悪いのが気になる…」

【第2試合】
vs 新町小BBC  ●(51-69)
スコアラー「6年生は出してもらえず…5年生以下でがんばりました。
ファールが多いチームに対して、子供なので冷静には対応できないのは当たり前ですが、
審判への文句が多く、あまりよい行動ではないはずです」


低学年試合(2Q)
【第1試合】
vs あきる野ブルズ  △(10-10)
スコアラー「必死にボールに食らいつく姿が立派でした!
ともろうのブザービートで同点!!!」

残り数秒でボールを持ったともろう
「おまえじゃむり!」
という言葉に弱気にならず、思い切って打ったのがよかったです。
気持ちで取った得点です!

【第2試合】
vs 新町BBC  ●(9-14)
スコアラー「こうた、MAX初出場 初得点!!!おめでとう♪」



自分達の思うとおりに行かないことにイライラしてたと思いますが、
ではなぜうまく行かないのか、
何がうまく行かないのか、
を考えてみて下さい。

思うようにドリブルで進めない。
パスが通らない。
相手のオフェンスが止められない。
シュートが入らない。

だから相手のファールが気になるんです。

原因は自分達ですね?

もしリードしていたら、
相手のファールを
「ラッキー!」と言ってたんじゃないですか?
「負けてるから焦ってるんだろうな」
って、思えていたんじゃないですか?

相手のファールやジャッジに文句をつけている君たちは、
まさに
「負けてるから」
だと思われて終わりです。

稲原コーチの言うように、
ファールをもらったらラッキーだと思いましょう。
たとえ審判が取らなくても、
ファールギリギリのプレーをされたら
「相手に余裕がないからだ」
と思えるようにしましょう。

そしてこの情けない一日も、
「次はやらない」
ことで、経験値をあげたと思いましょう。

どうしたら試合で練習通りのプレーができるか、
ということは、ひるがえせば
どういう意識で練習をすればいいのか、
ということですね。
とにかく前向きに!
[PR]
by max-boys | 2013-10-14 17:12 | 戦☆績

練習試合

10月5日(土)  川口小

【第1試合】
vs 小金井MBBC  ◯(52-19)

【第2試合】
vs ファイターズ  ●(14-52)

【第3試合】
vs リトルマーベリック  ●(53-61)
スコアラー「スピード感があってよい試合でした。
リバウンド取りに行かない。シュートミスが多い」


この日は男女共に練習試合で
久しぶりに監督も男子を観戦。
試合後に

「まぁ、よかったんじゃない?
よくやってたよ」

と言ってもらえてホッとしました。

常日頃より、
「練習試合は勝敗より内容」
という監督です。

「勝つことにこだわり過ぎると、男子のプレースタイルが崩れるかもしれないからね」

え?
ではこのスタイルのまま勝つためにはどうすれば?

ただ女子のほうがはるかにリバウンドやルーズボールに
こだわるプレーができていました。

「リバウンドは訓練だから」
「フリースローは精神力」

ポツポツとご教示が。

みんな、この日はせっかくの機会だったけど、
監督に教えてもらいに行ったのかなー。
反省がない子には進歩もないんだけどなー。
[PR]
by max-boys | 2013-10-14 14:59 | 戦☆績

ひよこカップ

9月29日(日)  川口小

川口MAX A
#4 こうへい(4年)
#5 そういちろう(4年)
#6 りゅうたろう(2年)
#7 ともろう(2年)
#8 るきあ(4年)
#9 けんご(年長)
#10 ゆきの(2年)
#11 ななは(2年)
#12 みく(年中)

【第1試合】
vs 椚田BBC  ●(10-44)
  ゆうたろう「こうへいのやる気があまりなかった。
      そういちろうにもっとリバウンドに行ってほしかった。
      りゅうたろうのディフェンスがよかった
      ゆきののボールをカットしたところがすごかった」

【第2試合】
vs 中散田MBC  ◯(38-16)
  なぎ「るきあががんばっていた。
      ななはが積極的だった。
      ゆきのナイスカット!
      そういちろうがんばれ!
      こうへい、機嫌が戻ったようです。
      りゅうたろう、シュート丁寧に。でもナイスファイト!」

【第3試合】
vs 由井一ファンキーズ  ●(16-24)

ななはが一生懸命シュートを打つも、なかなか入らず。
リバウンドをとった由井一しょうた君、パスしてくれてありがとう!
おかげで初ゴールを決めることができました!

そして中散田戦では、年長さんのけんごが見事1ゴール!

「ぼく、あのときつよきでいった!!!」

毎朝ドリブル練習を続けているがんばりやさんです。
自分がシュートを決めたことより、
ママが喜んでいたことを嬉しく思ってるところがかわいいです。

ともろうも3試合で10得点。
いつになく頼もしく見えました。

川口MAX B
#4 りょうた(4年)
#5 ゆう(4年)
#6 るきや(2年)
#7 ゆうき(2年)
#8 こうた(3年)
#9 つばさ(2年)
#10 かいと(1年)
#11 じゅんぺい(2年)

【第1試合】
vs 由井一ファンキーズ  ●(8-43)
  ぶんご「りょうたがシュートをたくさん決めていた」

【第2試合】
vs 中散田MBC  ◯(27-7)
  なつき「みんないきいきとプレーしていた。
      るきやりょうたの活躍がすごかった。
      みんなでボールを運んでいた」

【第3試合】
 vs わかくさ  ●(8-49)
  なつき「みんなあわてていた。にげていた。
      前に進めていなかった。
      だけどその中で強気だったるきやが活躍していた」

つばさが大奮闘!
そんな弟に刺激されたか、ゆうも積極的に走っていました。
ファール4つもディフェンスをがんばった証拠です。

かいともシュートこそ決まらなかったものの、
ディフェンスをがんばったってママにほめてもらいました。

こうたはさすがに3年生。
コート内ではお兄ちゃんのりょうたと見分けがつかないくらいのプレーを見せてくれました。

そしてJr.の練習に参加してまだ2回というじゅんぺいが、
早くもチームの主力になっていてびっくり。
攻守に大活躍でした。

MAXの選手は自分達がゲームを作るという立場になり、
今までとは比べものにならないくらい積極的でした。
一緒に出場した MAX jr.の子たちは緊張しながらも真剣にプレーをし、
練習の時以上にバスケを楽しむことができたと思います。
お母さん、お父さんたちも大興奮の熱戦でした。
次のひよこカップに向け、
また練習にも気合が入りましたね。

そして、T.O.やスコアラーを引き受けてくれた5、6年生。
どうもありがとう。
自分でプレーしたくてウズウズしていたところにわかくさ戦。
気合が違いましたね。
27-33という惜敗でしたが、手応えは感じていたと思います。
いちょう杯に向けてやるべきことは見つけましたね。
この試合、絶対に次に生かしましょう!
[PR]
by max-boys | 2013-10-05 12:39 | 戦☆績