東京都八王子市の小学生男子バスケチームです


by max-boys

<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

5年生以下 練習試合

9月16日(月)  立川4小

【第1試合】
vs 新生MBC  ◯(44-26)
   そうすけらいやじゅんにパスして、
        切れ込んだところにナイスパスをした。
        なつきの5ファイルがもったいない」

【第2試合】
vs 砂川MBC  ◯(41-32)
    なぎ「同点からの追い上げがすごかった。
        その後もしっかり考えてパス回しをしていた」

【第3試合】
vs FJBC  ◯(45-37)
    ゆうたろうらいやのタップパスがなつきにわたったシュートは、
        入った瞬間ブザーが鳴り
        ノーカウントになってしまったがすごかった。
        ぶんごのタップシュートがすごかった。
        相手の8番と17番にやられすぎた。
        なつきはころびすぎた」
    そうすけ母ぶんごの右エンド際のカットインしての
        左手レイアップシュートがすごかった。
        らいやのボールにしつこく食らいつき、
        ヘルドボールに持ち込んだプレーすごかった」

【第4試合】
vs ドルフィンズ  ◯(42-25)


未明からの台風接近でものすごい暴風雨の朝でしたが、
5年生以下の試合というのはなかなかなく、
この機会を逃したくないという各チームの思いと、
お昼ごろには通過するという予報で決行しました。

普段は6年生に頼っていたり、遠慮したり、
もしかしたら責任を押し付けていた5年生…。
この日は「自分達がやるしかない」という状況が功を奏し、
見事な連携プレーの連続でした。

ぶんごも4試合で57点という初の大量得点。
「スラムダンク」を読み返してイメトレしていた成果かな?
なつきの強気のオフェンス、
らいやそうたの足を使ったコンビネーションとシュート、
新入団のじゅんざぶろう(5年)のカットプレー、
5年生は全員が大活躍でした。

4年のこうへいも得意のドリブルでコート内を縦横無尽に走り回り、
秘密兵器の実力を見せてくれました。
ほかの3人も、がんばって追いつくんだよ。

元気な2年生軍団は、
どんどんバスケらしいプレーが身についてきています。
りゅうたろうは得意のレイアップシュートを決めました。
兄弟からのパスシーンも微笑ましかったかな。

この日は何より、ピンチになってもあきらめず、
ベンチからも大きな声が出ていたのがよかったです。
6年生は自分達もプレーしたくてウズウズしていたと思いますが、
下級生への声かけでナイスアシストでした。

新しい円陣も効果ありかな?
[PR]
by max-boys | 2013-09-27 14:44 | 戦☆績

練習試合

9月14日(土)  藤橋小

【第1試合】
vs 藤橋フェイシング  ●(23-31)

【第2試合】
vs アスプス Jr.  ◯(40-22)
  スコアラー「ぶんごに元気が戻ったように思いました。
      1対1、リバウンド、積極的に行っていました。
      ゆうたろうのボール回してのドリブルシュート、よく決まりました」

【第3試合】
vs 坂戸ロケッツ  ●(24-43)
  スコアラー「なぎの腕、ゆうたろうのお腹、なつきの不在、こうへいの膝、
      多くの負け要素はあったものの、
      MAXはもっと強いはず・・・」


低学年試合(2Q)
【第1試合】
vs 藤橋フェイシング  ◯(16-6)

【第2試合】
vs アスプス Jr.  ●(2-12)
    そういちろう  リバウンド3 
    るきや  アシスト1、パスカット1
    りゅうたろう  ドリブルカット1
    ともろう  パスカット1
    ゆう  リバウンド1
    りょうた  パスカット2、リバウンド2

【第3試合】
vs 坂戸ロケッツ  ●(10-22)
  スコアラー「4年生が上達してきたように思います。
      稲原コーチゆうき「パスがいい。楽しみだ」とべた褒めです」
   
    そういちそう  リバウンド1 
    ゆう  ピボット1
    ゆうき  速攻1対1 2


4年生以下の低学年試合では、
こうへいが出ないと得点力が大きく落ちますが、
それでもみんながこんなにがんばっていたことを
スコアラーが記録してくれました。
ゆっくりでもいいから、
とにかく前向きに、積極的に。
確実に進歩しているからね。
[PR]
by max-boys | 2013-09-22 13:43 | 戦☆績

優勝大会

9月8日(日)  府中市若松小

【第1試合】
vs 弥生第二  ●(27-63)
    スコアラー「相手は基本に忠実で強いチームでした。
       そこに対して最後までよくボールに食らいついていたと思います」

【第2試合】
vs 若松  ◯(49-16)
    スコアラー「ゆうたろうのリバウンドが後半よかったです。
         自分でシュートしたこぼれ球も自分でとっていました。
        ボールマン以外のらいやそうすけそうたなぎのパスカット、
        いいのが何本もありました。
        応援に多くの保護者が来てくれました。
        嬉しいです」


緒戦が優勝候補ということで、
気持ちを高めて試合に臨みました。
MAXではとにかくディフェンス重視の練習をしているのですが、
なかなか練習通りには行かず、
点差を見ても残念ながら力及ばなかったようです。
まだまだではありますが、
以前に比べて気持ちの入ったプレーができたのではないでしょうか。

ケガでずっと試合に出られなかったキャプテンなぎ
完全ではありませんが早くも復帰し、
なんと得点したことも
選手たちを勇気づけました。

自分にできることを必死でやろうとしている
そういちろう(4年)が見事にリバウンドを取り、
しっかり味方にパスすることができました。

いいプレーが出た時には褒め合い、
調子が悪いと思える選手には声をかける。

そうしていい雰囲気の中でプレーすれば、
心が一つになっていい結果につながると思います。
赤木コーチがいつも言っている
「横のつながり」
を大事にしていきましょう。
[PR]
by max-boys | 2013-09-10 14:53 | 戦☆績

練習試合

8月25日(日)  埼玉県大井総合体育館

【第1試合】
vs 武蔵野ミニバス ●(25-33)

【第2試合】
vs 和光レモンズ ◯(55-27)

【第3試合】
vs FFファイヤーズ  ●(21-59)

前日の練習では手応えを感じていただけに、
その練習の成果を全く出せなかったことに
コーチはがっかり・・・という様子でした。

相手があることなので、
練習でうまくいったことでもそのまま通用するとは思いませんが、
それにしてももうちょっとできるんじゃないの?
という試合。

もっと自分達のプレーに自信を持って、
もっと相手に対して強い気持ちを持って、
とにかく声を出して、
「勝ちたい」という気持ちのこもった試合をしてもらいたいものです。

そんな中で、こうへい(4年)はコーチに唯一褒められました。
迷わず一人で点を取りに行ったからです。
それがこうへい本来のプレーだったのに、
やっと積極性が戻ってきました。

そしてそういちろう(4年)も、ゴール下でリバウンドを取りに行けるようになりました!
今年の新入団の選手は、
上手な先輩方に気後れしてるのかとってもおとなしく遠慮がちなんですが、
彼らにこそ失敗を恐れず
積極的にプレーしてほしいです。
ミスしても、それで怒られても、それが上手くなるためのステップです。
がんばってがんばって、乗り越えてほしいです。

反省点ばかりの一日でしたが、
コーチやマネージャーに言われたことをしっかり考え、
二度と「やる気がない」なんて思われないようにしましょう。

上級生は、下級生ができないのは
自分達がいい見本になっていないからだと思いましょう。

他人任せにせず、他人のせいにせず、
まずは自分が自分のやるべきことをしっかりやる!

他人のミスは責めるだけでなくフォローすることを考える!

コーチの指示には返事をする!

そうすればきっともっとチームの雰囲気がよくなり、
自然に練習通りのプレーが出来るようになると思います。
[PR]
by max-boys | 2013-09-07 14:21 | 戦☆績