東京都八王子市の小学生男子バスケチームです


by max-boys

<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

町田カップ

2月23日(土)   武蔵岡中学校

【第1試合】
vs 由井一ファンキーズ  ◯(28-23)

【第2試合】
vs まちだエレファンツ  ◯(56-23)


O.A.girlsさん主催で開催された
町田・八王子交流大会に呼んで頂きました!
2戦2勝で栄えある第1回大会に優勝し、
MAXも今年度の有終の美を飾ることができました。

そして2試合で52得点という活躍のりょうた優秀賞をいただきました。

しかし、その得点の影には、
ボールをつないだり、ディフェンスしたりという
大事な役割を果たした選手たちがいます。
たぶんそれを一番わかっているのはりょうたでしょう。

みんなの力でとった優勝です。

おめでとう!!!!


町田のチームの皆さん、どうもありがとうございました。
[PR]
by max-boys | 2013-02-25 16:16 | 戦☆績

ASPS Jr.さん

青梅のミニバスチーム、
アスプス Jr.さんです。

チーム名の由来を初めて知りました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by max-boys | 2013-02-21 15:13 | リンク

八王子選手権 決勝

2月17日(日)   市民体育館

【第1試合】
vs 緑ヶ丘エンジェルス  ●(25-49)

【第2試合】
vs わかくさ  ●(42-44)

3チーム総当りの決勝戦。
どのチームも優勝目指して練習してきたはず。
もちろん、MAXもです。

その思いが強すぎたのか、
緊張で動きが固いようにも見えました。
緑ヶ丘戦では思ってもみなかった大差で敗れましたが、
この負けが次へのステップになると信じ、2試合めに臨みました。

わかくさ戦では一進一退の攻防。
両方の応援席からは、交互に歓声と激励の声が。
4Qでは決着がつかず、
3分間の延長戦という初めての経験をしました。

キャプテンとしてゴールを狙い続けたともき
ディフェンスとオフェンスの中心になって動いたしょう
相手のエースのマークにつき、ひたすら走り続けたひびき
チーム得点の半分以上を叩きだしたりょうた
ピンチの時にロングシュートを決め、何度も雰囲気を変えてくれたこういち
ブランクで思うように動けない自分に悔しい思いをしながら、
粘り強いディフェンスを見せたかいや

結果は1ゴール差での悔しい敗戦でしたが、
みんな精一杯プレーし、
最後まで諦めないバスケのできた
とてもいい試合でした。

そして緑ヶ丘さんも、わかくささんも、
強い素晴らしいチームでした。
胸を張って堂々ともらえる3位です。


赤木コーチ
「今日の功労賞はまちがいなくひびき
3Qでわかくさの7番を無得点に抑えた。
最初からひびきを7番のマークにつけなかった
ベンチの戦法ミスだった」

しょう
「今日は悪いところが全部出てしまった。
横にパスしちゃったり、
ドリブルで行けるところを行かなかったり、
シュート打てばよかったところもあった」

マネージャー
「優勝を逃してしまいましたが、最後の試合は延長戦となり、
本当に、どちらがかってもおかしくない試合でした。
みんながんばった、よい試合が観れたと
保護者からの声が多かったです。
延長戦まで行き、子供達は負け、悔しい思いをして泣いていました。
この悔しさをバネに、新チームで次の試合に向け
優勝を目指してがんばってもらいたいと思います」

しょう母
「なかなか一言では言い尽くせませんが、
子供達にとっても、今年度の集大成としていろいろなことを学べた
「3位」だったのではないかなと思います」

森田監督
「よくやったよ。
メンタルでは負けてなかった。
相手の技術が少し上だったかな。
子供達は言われたことをちゃんとできていた。
教えられたとおりのプレーをしていたと思うよ。
あとやることは、選手個人は技術を上げる。
指導者はもっといい戦術を考える、ということ」

来週からは新チーム体制になりますが、
6年生にはテレメディア杯とMAXカップが残ってます。
最後まで一生懸命練習して、
最高のプレーで終われるようにがんばろう!
[PR]
by max-boys | 2013-02-18 15:41 | 戦☆績

練習試合

2月11日(火)  日野第一小

【第1試合】
vs アスプス Jr.  ◯(45-35)
     第1Qではりょうたぶんごが得点を争いました。
     ぶんごは苦手なディフェンスでもちょっと開眼したようでした。
     6年生は全員得点です。
     前日の勝利と来週への意欲でみんな燃えていました。
 
【第2試合】
vs BLAZE  ◯(53-39)
      6年生の積極性が目立ちました。
      特にこういちが、中から外から打ちまくりの12得点。
       それにしてもこういちはシュートフォームがきれいです!
 
     「ボール回しはとても良く、シュートに結びついていました。
      ファールが目立つので、気を付けてほしいです」

【第3試合】
vs 田奈  ◯(28−27)
      残り数秒まで負けていた試合ですが、
      相手がこぼしてルーズボールになったところを
      キャプテンのともきが拾い、シュートを決めての逆転勝利でした。
      相手は強いチームでしたが、
      最後の最後まで諦めなかったことが勝ちにつながりましたね。
      
      「相手の4番が大きく、抑えるのが大変そうでした。
      コーチの指示をちゃんとこなせるようがんばってほしいです。
      接戦で勝てたのはうれしいですね」


【第4試合】
vs B-COOL  ◯(41-16)
     「1Q 0点・・・。試合前に時間があったにもかかわらずアップをせず、
     赤木コーチより『試合前の練習はなし!』と
     お叱りがあったことが原因かもしれないです。
     ナイスパス、ナイスカットインがとても目立つ1日でした」


速いパスを通すにはどうするか。
相手のパスをカットするにはどうするか。

どれも練習でコーチに教えてもらったはず。
忘れないようにノートに書いたり、
次の練習で何度も使ってみたり、
試合で結果を出せるかどうかは自分の努力しだいです。
今日できたことを次もできるように、
今日できなかったことは次はできるように、
各自でしっかり意識してやりましょう。

八王子選手権の決勝まで、あと練習は少ししかありません。
それぞれが自分のできることを考え、
最大限の努力をしましょうね。
[PR]
by max-boys | 2013-02-13 14:50 | 戦☆績

八王子選手権 予選

2月10日(日)   鑓水小

【第1試合】
vs 椚田バスケットボールクラブ  ◯(56-15)

【第2試合】
vs 別所リトルモンスターズ  ◯(69-21)


「目標はあくまで優勝!」と臨んだ予選ですが、
2勝して決勝に進出することができました。

スコアシートを見るだけでも、
出場した選手全員が積極的に点を取りに行った様子がうかがえます。
今日はファウルも少なく、
いい雰囲気で試合を展開できたのではないでしょうか。

あと1週間の練習でどれだけパワーアップできるかわかりませんが、
選手、指導者、保護者が一体となって優勝を目指します。

昨日は練習の合間にJr.チームとのお楽しみ会があり、
ちびっ子たちからエールを送られたMAXでした。
まずは決勝戦進出の報告ができますね。
来週もっといい報告ができるように、
全力でがんばりましょう!

とにかく全員が最後まで諦めないバスケをしようね!
[PR]
by max-boys | 2013-02-10 23:22 | 戦☆績

練習試合

2月3日(日)  川口小

〈レギュラーチーム〉
【第1試合】
vs リベルタ  ●(36-37)
   最後の最後でリードを守れず、守りの気持ちが裏目に出た感じ。
  
【第2試合】
vs 泉ドルフィンズ   ●(10-42)
    身長があり、パスが読まれてなかなか通らない。
    安易に行くと全部カットされる。
    相手に比べ、ボールへの執着心が欠けていたと感じた。
 
【第3試合】
vs あきる野ブルズ   ◯(20-18)
 
【第4試合】
vs あきる野ブルズ   ◯(36−21)
 

〈新チーム〉
【第1試合】
vs リベルタ   ◯(30-12)

【第2試合】
vs 泉ドルフィンズ  ●(10-42)
    18点のリードをひっくり返され、逆転負け。
    足が全く動かず、相手のプレーをただ見ていた印象。
    1年生2人が入っていたことを差し引いても、
    もっとできたんじゃないか?

【第3試合】
vs あきる野ブルズ   ◯(24-18)

【第4試合】
vs あきる野ブルズ   ●(14-15)
   残り数分で逆転されたけど、30秒あれば1ゴール奪えたはず!
   大事なことは最後まで諦めず、ゴールを狙うことができるかどうか!
   その気持ちを持てなかった時点で負けなんだよ。


全試合を通して、赤木コーチの言う

「上手いチームと強いチームは違う」

というのが全てでした。

どうしたら強いチームになれるかといえば、
それはやっぱり、各自が強い気持ちを持つことだと思うよ。
「勝ちたい」と強く思っている方が勝つんだよ。

「八王子選手権」優勝を目指すなら、
全員が同じ目標に向かって
同じくらい高い意識で試合に臨まないと。

バスケはチームプレー。
それを忘れず、モチベーションを高めあえるようなチームを作ろうね。


    
[PR]
by max-boys | 2013-02-06 22:44 | 戦☆績

今年の目標 '13

赤木コーチ 
 「八王子制覇!」そのために「体力づくり!」

# 4  ともき 
  「選手権で全勝!」
  「中学で出してもらった試合は、全力を尽くす!」

# 5  しょう   
  「試合でも練習でもとにかくシュートを打つ!」

# 6  ひびき 
  「シュートフォームをよくする!」
  「八王子選手権優勝!!!」

# 7  こういち
  「八王子選手権優勝!!!」

# 8  かいや 
  「今までのブランクを取り戻す!」

# 9  りょうた
  「八王子選手権優勝!!!」

#10 ゆう    
   「りょうたに勝つ!」

#11 ゆうたろう
  「リバウンドをがんばる!」

#12 そうすけ
  「シュート率を上げる!」

#13 なぎ
  「最上級生として、今までに注意されたことを言われないように意識してチームをまとめて行きたい!」 
  「ガードとしての役割をシッカリ果たせるように頑張りたい!」

#14 ぶんご
  「次の鈴木正三杯でベスト8に入る!」

#15 なつき
  「新チームで由井一を倒す!」

#16 そうた
  「八王子選手権優勝!!!」

#17 らいや
  「左のレイアップをなるべく外さないようにしたい!」
  「ドリブルを下を向いてしない!」

#18 こうへい
  「外からのシュートを練習する!」
  「コーチに言われたことを試合に出せるようにする!」
[PR]
by max-boys | 2013-02-06 20:31 | 少年の主張

第11回 ひよこカップ

1月27日(日)   川口小

〈川口MAX Aチーム〉
【第1試合】
vs 南陽台フェニックス  ◯(22-14)

【第2試合】
vs 緑が丘エンジェルス  ◯(38-14)

【第3試合】
vs 中散田ミニバス  ◯(42-2)

【第4試合】
vs 南陽台フェニックス  ◯(30-4)


MAXの4年生以下5人に、
来年度入部希望の1年生4名を加えてAチームを作りました。

普段から息がピッタリのMAXチーム。
スピードもリズムもあって、
パスもよく通り、
テンポよく得点を重ねました。

ぶんごらいやが積極的にシュートを打ち、
直前までやけどでまともな練習ができていなかったなつき
ディフェンス、オフェンスに大活躍。
足の速いそうたこうへいがよく動き、
相手のディフェンスをかわしてドリブルで切り込みました。

ただ、声を出さなければ1年生たちは対応できません。
全員でプレーするための勉強にもなりました。

4人の1年生のうち3人は、
年長さんの時からひよこカップに参加している弟軍団です。
気後れすることもなく、なかなかの活躍ぶりでした。

シュートを1本決めたともろうは、もうすっかりMAXの選手になった気分。
同じく1本決めたりゅうたろうは、ドリブルしてくる相手に正面から向かっていき、
見事にカットしていました。
2人がシュートを決めたとあって、負けていられないのがるきや
みんなでるきやにパスを集めたのですが、
ボールはなかなかゴールに入ってくれずにゲームオーバー。
悔し泣きのるきやでした。


〈川口MAX Bチーム〉
【第1試合】
vs 中散田ミニバス  ●(2-34)

【第2試合】
vs 南陽台フェニックス  ●(4-38)

【第3試合】
vs 緑が丘エンジェルス  ●(2−52)


Bチームは、月に2回1時間半程度の練習をしている
MAX Jr.という低学年の子供達で構成しました。
そういえば試合でのメンバー登録もジャンプボールも教えておらず、
始まってからこちらが慌ててしまいました。

しかし、Jr.キャプテンのりょうた(3年)が2ゴール。
同じく3年のゆうそういちろうの3人が自然と中心になっていました。
また、みくりりかの2人もボール運びがうまく、
さすがお兄ちゃんたちのプレーを見てきただけのことはあります。
みくと、ひよこカップ初参加の1年生ゆうきはシュートも決めました。

Jr.の子たちは練習時間も少ないし練習試合をしたこともなく、
他チームに比べて圧倒的に経験不足なのですが、
子供たちは試合をしながらどんどんバスケを覚えていったような気がします。

最初は出るのを渋っていた子もいましたが、
一度プレーするとすっかりバスケにハマったようで、

「次出して!」
「もっとやりたい!!!」

と言う声が増え、メンバーを選ぶのが本当に大変でした。
2人のこうた、1年のつばさもどんどん積極的になりました。

Bチームの選手だけでなく、
Aチームの子やお手伝いにベンチ入りしてた6年生までが
ワンサイドゲームを見かねてか

「オレを出して!」

と言い出す始末。

しかし、実際にプレーしているBチームの選手達にとっては、
点差や勝敗は二の次だったようです。
プレーするのが楽しくて楽しくて、
無心でボールを追いかけていました。
だから最後の最後まで全力でした。
最年少のかいとは試合後、自主的に日誌をつけていたそうです。

かいと「これからバスケもっとがんばる」


これはぜひ上級生たちに見習って欲しいです。

バスケはむずかしいけど楽しいよね。
練習したらもっともっとじょうずになるよ。
そしたらもっと楽しくなるよ。
次のひよこカップでは、きっともっといいプレーができるようになるよ。

上達のスピードには個人差があるけど、
少しずつでもちゃんと成長しています。
子供達の「バスケがすき」という気持ちを大事に、
これからもJr.のみんながバスケを楽しめるように工夫して行きたいと思います。


〈上級生試合〉
 vs 緑が丘エンジェルス  ◯(30-13)

下級生の試合をさんざん見ていて、
自分でプレーしたくてウズウズしていた様子です。
いつもに増して勢いのあるプレーを見せてくれました。
ひよこのあとだけに上級生がとても大きく見えました。

 監督の奥さまからお菓子のおみやげもありました。
どうもありがとうございました。

また、Bチームへの配慮をくださった審判と対戦チームの皆さん、
本当にありがとうございました。

最後に、みんなの性格がとっても出ているショットを。
まぁ、撮るのに苦労しました・・・。

e0207449_1835204.jpg

[PR]
by max-boys | 2013-02-06 14:45 | 戦☆績