東京都八王子市の小学生男子バスケチームです


by max-boys

練習試合

5月5日(月)  立川4小

【第1試合】
vs 新生MBC  ◯(39-23)
スコアラー「試合前に、各学年目標を持って挑みました。
6年生はゾーンプレスを教わったことを思い出しながら、
5年生は声をかけあい協力しながら、
4年生以下は大きな声を出し、出ていた選手への水筒を忘れない。
声を掛け合いながら、みんなの努力が見られました。
ディフェンスも、スタートの試合ではありますが、よくがんばっていました」


【第2試合】
vs 泉ドルフィンズ  ●(32-37)
スコアラー「1Qから#5がマークされ、ガードとして身動き取れず。
そんな時は4人でプレーすればいい。
監督から『オフェンスは遊べ!』と」


【第3試合】
vs 緑が丘エンジェルス  ◯(52-17)
スコアラー「1Qでひづき、2Qでりょうたそういちろうがリバウンドに積極的に行ってました。
なつきの華麗なシュートがたくさん見られました!!」


【第4試合】
vs FJBC  ●(22-40)
スコアラー「監督『ディフェンスは同等。でもオフェンス力がまだまだ』。」


2勝2杯でしたが、朝の集合時に監督から指示のあった通りのプレーはできましたか?
チームやメンバーが苦しい時こそ、
今どういう声かけが有効か、
自分はどう切り替えて次のプレーにつなげていくか、
考えるいい機会になったと思います。

ぶんごなつきのコンビネーションによるタップシュートは、
大成功で応援席が盛り上がりました。
試合前に打ち合せたわけではなく、
「目が合っただけ」だそうですが、
今回はみごとシュートを決めたなつきの嬉しそうな顔とは対照的に、
「もっと打ちやすいパスをしてやればよかった」
というクールなぶんごは、本当にいいコンビ。
下級生たちも大興奮でした。

監督の指導になって4か月。
6年生はだんだん自分たちの目指すものがわかってきましたね。
「今は勝つよりうまくなることを考えよう」という監督の言葉通り、
今は勝てなくていいです。
むしろ、ダメなところをどんどん明らかにして、
監督にいっぱい教えてもらいましょう。

「厳しいけど練習が楽しい」と言った5年生たち。
君たちこそ伸びしろが大きいと思ってます。
もっと自分を出して行こう。

「もっと試合に出たい」と思ってる3、4年生たち。
君たちのゴールはまだまだ先にあります。
今は自分のやるべきことを一生懸命やって下さい。
そして、練習でも試合でも、常に全力を見せて下さい。

明日も試合です。
今日の経験を明日に活かせるかどうか、
それが大事です。
[PR]
by max-boys | 2014-05-06 15:47 | 戦☆績