東京都八王子市の小学生男子バスケチームです


by max-boys

八王子選手権 決勝

2月17日(日)   市民体育館

【第1試合】
vs 緑ヶ丘エンジェルス  ●(25-49)

【第2試合】
vs わかくさ  ●(42-44)

3チーム総当りの決勝戦。
どのチームも優勝目指して練習してきたはず。
もちろん、MAXもです。

その思いが強すぎたのか、
緊張で動きが固いようにも見えました。
緑ヶ丘戦では思ってもみなかった大差で敗れましたが、
この負けが次へのステップになると信じ、2試合めに臨みました。

わかくさ戦では一進一退の攻防。
両方の応援席からは、交互に歓声と激励の声が。
4Qでは決着がつかず、
3分間の延長戦という初めての経験をしました。

キャプテンとしてゴールを狙い続けたともき
ディフェンスとオフェンスの中心になって動いたしょう
相手のエースのマークにつき、ひたすら走り続けたひびき
チーム得点の半分以上を叩きだしたりょうた
ピンチの時にロングシュートを決め、何度も雰囲気を変えてくれたこういち
ブランクで思うように動けない自分に悔しい思いをしながら、
粘り強いディフェンスを見せたかいや

結果は1ゴール差での悔しい敗戦でしたが、
みんな精一杯プレーし、
最後まで諦めないバスケのできた
とてもいい試合でした。

そして緑ヶ丘さんも、わかくささんも、
強い素晴らしいチームでした。
胸を張って堂々ともらえる3位です。


赤木コーチ
「今日の功労賞はまちがいなくひびき
3Qでわかくさの7番を無得点に抑えた。
最初からひびきを7番のマークにつけなかった
ベンチの戦法ミスだった」

しょう
「今日は悪いところが全部出てしまった。
横にパスしちゃったり、
ドリブルで行けるところを行かなかったり、
シュート打てばよかったところもあった」

マネージャー
「優勝を逃してしまいましたが、最後の試合は延長戦となり、
本当に、どちらがかってもおかしくない試合でした。
みんながんばった、よい試合が観れたと
保護者からの声が多かったです。
延長戦まで行き、子供達は負け、悔しい思いをして泣いていました。
この悔しさをバネに、新チームで次の試合に向け
優勝を目指してがんばってもらいたいと思います」

しょう母
「なかなか一言では言い尽くせませんが、
子供達にとっても、今年度の集大成としていろいろなことを学べた
「3位」だったのではないかなと思います」

森田監督
「よくやったよ。
メンタルでは負けてなかった。
相手の技術が少し上だったかな。
子供達は言われたことをちゃんとできていた。
教えられたとおりのプレーをしていたと思うよ。
あとやることは、選手個人は技術を上げる。
指導者はもっといい戦術を考える、ということ」

来週からは新チーム体制になりますが、
6年生にはテレメディア杯とMAXカップが残ってます。
最後まで一生懸命練習して、
最高のプレーで終われるようにがんばろう!
[PR]
by max-boys | 2013-02-18 15:41 | 戦☆績